入居率UPの情報や裏技を無料であなたに届けます!

不動産投資のテクニックや空室対策など、
大家様にメリット満載の情報を無料で
配信中。登録はアドレスを入れるだけ!

過去記事

満室経営はこれを読め!「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法

満室には理由がある!満室コンサルティング

 

RSS Feed Widget

マスメディア掲載

家主と地主 vol58

賃貸ライフ 2014年秋号

家主と地主 Vol.52

住宅産業新聞

全国賃貸住宅新聞

住宅産業新聞

常口アトム新聞

住宅産業新聞

家主と地主

グローバルオーナーズ

住宅産業新聞

全国賃貸住宅新聞

全国賃貸住宅新聞

住宅産業新聞

UHB スーパーニュース 

テレビ北海道 けいざいナビ北海道 

家主と地主

札幌アパート新聞

常口アトム住宅新聞 第8号

PocketClub

ファクターナイン・小野寺燃料セミナー住宅産業新聞

常口アトム住宅新聞 第7号

住宅産業新聞

BIG tomorrow

住宅産業新聞

住宅産業新聞

北海道新聞

全国賃貸住宅新聞

家主と地主

住宅産業新聞

財界さっぽろ

札幌アパート新聞

札幌アパート新聞

住宅産業新聞

クォリティ

全国賃貸住宅新聞

家主と地主

住宅産業新聞

北海道新聞

全国賃貸住宅新聞

住宅産業新聞

住宅産業新聞

住宅産業新聞

週刊住宅

全国賃貸住宅新聞

月刊満室経営新聞

住宅新報

週刊住宅

北海道建設新聞

フジサンケイビジネスアイ

道民雑誌月刊クオリティ

スタッフ募集

お問合わせはこちら

報告ネット活用術

どんなアパート・マンションも目立つ物件がやっぱり決まる!「のぼり」の効果


空室が出たら周辺のライバル物件より目立たなくては勝ち残れない。

 
  最低でも入居募集ポスター貼られていますか?


物件に空室が出ていることを知らしめるためのツールとして「入居募集ポスター」が一般的ですが、入居募集ポスターを貼っていない(貼られていない)物件があります。

理由は
・道路に面していないので貼っても効果が出ない部屋。 
・物件の構造上道路に面した壁に空きスペースが無い物件
・管理会社の営業不足
・客付け業者に見捨てられた部屋・・・・(-_-;)


空室が通りに面してしない。正面の壁に空きスペースが無い場合は仕方がないですが、通りに面した空室の窓には空室募集のポスターは欲しい所です。

通りに面した空室があり、数ヶ月空室が続いているにも関わらず「入居募集ポスター」などの販促アイテムによる空室アピールが出来ていない場合、「業者に見捨てられている」「管理会社の宣伝不足」「空室情報が浸透していない」などの理由がります。



付近の物件と同じことをしていても、お客様は来ません。
自己所有物件の半径100m以内でライバル物件より絶対的に目立つ必要があります。


  目立つためには「のぼり」が効果的!

あなたの物件は目立つ仕組みを確立していますか?


皆さんの街を見てください。
パチンコ業界、牛丼業界、ファーストフード業界、本屋業界、さまざまなレンタル業者、リサイクルショップ、各種飲食店、零細企業から大企業まで自分の店を活気のある店として目立たせています。



世界的な企業、一部上場企業ものぼりで販促しています。彼らも熾烈な価格競争を強いられています。
そんな彼らが自分の店を目立たせようと奮闘しているのに、大家はポスターだけというのはナンセンス。せっかくプロの経営集団がこうして集客していますとお手本を見せてくれているのに、それを真似しない手はありません。




  入居募集のぼりの本当の意味

この入居募集ポスターですが、今はネット社会で、入居者はインターネットで検索して来るから意味が無いと思われている大家さんも多いようです。

確かに、今の札幌はそこら中に空室があるので、ポスターも目立たないことがあります。

不動産賃貸業ののぼり戦略のターゲットは「客付け業者」なのです。

我々の取り扱う商品はお部屋です。牛丼ではありません。
飲食店ならエンドユーザーに直に訴えかけて集客することが出来ますが、不動産賃貸の場合「仲介業者」がいますので、直入居者に訴えにくいのです。

ですので、ターゲットは「客付け業者」なのです。






のぼりを設置することによって、あなたの物件に空室があることを業者にアピール出来るのです。


想像してください。

人に知られていない貴方の物件。。。。。まったく内見がない。
隣の物件に内見があったが、お客様は気にいらなかったようで、別の物件に移動しようとする。
その時! 隣の物件に入居募集ののぼりがはためいている。
多くの方は入居募集などの旗を見て「活気がある」「低価格」とイメージします。

そのお客様は客付け業者にこう言うでしょう。

「隣も空いているんですね。今見れますか?」

隣の物件を内見したエンドユーザーはその土地に住んでも良いと考えている見込み客です。
部屋の間取りやグレード、外観に大幅な違いがなければ一気に候補物件となります。

こうした、棚ぼた内見も増えます!


管理会社が空室情報を世に広めていない場合、対業者用販促ツールとしても効果があります。
これで、この業者は貴方の物件に空きがあること、家賃、間取り、広告費なども知ることになります。

「xxxx周辺の空室物件は?」エンドユーザーに質問された時に「そういえばxxxxが空室あるな」と、、貴方の物件を思い出してくれるようにするのです。


こののぼり戦略は時間をかけて客付け業者に貴方の物件を認知してもらう効果と、棚ぼた内見を増やすことが出来るので、空室対策として非常に有効です。


  「のぼりの効果は知っているよ。」と、思った札幌へ投資している大家さんへ

実践されていますでしょうか?
知っているだけで実践しなければ知らないのと同じことです。 
遠方投資で中々小技を効かせた賃貸経営出来なくて悔しい想いをされていると思います。

管理会社に無理なお願いをするのも気が引けるなら、当社にお任せください。 
貴方の管理会社の担当に大家さん自らが電話して

「こちらでのぼりを設置しました」

と伝えるだけでOKです。何も難しいことはありません。
ついでに最近の札幌賃貸事情も聞いてしまいましょう。


こうしたテクニックを行使出来るか、そうでないかで代理大家のスキルが決まります。

こうした販促アイテムの使用は特に効果があります。 テナントだけでなくマンション・アパートの入居募集には特に効果ありです!


  物件PR活動もお任せください。
報告ネットでは代理大家としてお客様の物件のPR活動サポートも対応しております。(巡回契約棟のみ)

遠方からでは思うようにできない技の数々をあなたに代って当社が行います。
渡航費を節減しながら「攻めの営業」をお手伝いします。


空室対策・遠方投資にお困りの大家さんへ
悩んでいても部屋は埋まりません。北国札幌には札幌に適した空室対策がありますので一度当社へ相談してみませんか? 豊富な経験と提案力で力になります。


Copyright (C) 2014 報告ネット All Rights Reserved.